松阪牛のルーツは江戸時代にまでさかのぼります

松阪牛のルーツは、江戸時代にまでさかのぼります。

松阪牛は江戸時代、但馬地方(今の兵庫県)で農耕用として活躍していました。

但馬地方の起伏多い土地や山道で鍛えられたため、体が大きくなってしまった牛は山道の細い道には不向きとなり、松阪地方に引き取られました。

今でこそ牛は食肉としての利用が一般的でしたが、当時牛は農耕として働くことを目的にしていることが多かったようです。

その後明治に入り、日本にも外国の文化が入ってきた影響で日本でも牛肉を食べるという文化が広まりました。

そこで農耕に使われていた牛も、その一部が肉牛として消費されるようになります。

松阪牛は体が大きく、それをさらに太らせ肉牛として東京に出荷したと言われています。

鹿鳴館や高級料亭での需要も多く、松阪から東京まで徒歩で牛たちを連れて行いていく光景もよくみられたようです。