松阪牛は飼育に手間がかかるため、生産量は限られている

先日行った松阪牛の専門では、松阪牛をある業者からとりよせているそうです。

その業者は牧場と牧場と直接契約し、生産者の顔が見える安全な食肉を確保することで取引先、そこを利用するエンドユーザー、つまりお客様にも安心を提供しているということでした。

特に和牛の取扱いでは全国でも実績と信頼を得ているそうです。

参照サイト→三重ブランド/松阪牛《URL:http://www.miebrand.jp/ninteihin/usi1.htm

松阪牛を生産している牧場の話では、全国各地から子牛を買い入れ、約3年間農家の手で大切に育てます。

管理は1頭1頭それぞれ入念にチェックをし快適に過ごせるように敷き藁を小まめに入れ替えるなどの作業は徹底します。

また、皮下脂肪をまんべんなく美しくつけるためにマッサージをし、牛の血行を良くすることも大切な作業のひとつです。

6ヶ月~8ヶ月くらい前から出荷準備に入るのですが、この準備段階を肥育末期と呼び、さらにランクを上げるために食い止まり防止としてビールを与え始めます。

このビールを与えることにより牛の食欲の増進が期待できます。

また、牛の毛並みも査定の大切な基準となります。

焼酎でのマッサージをおこなうことで毛並みが美しくなるそうです。